夢への軌跡_意外と元気かも?

20240623_意外と元気かも?

==============================

励みになります。

クリックして応援してくださいね


https://fukuyama-syo.com/blog

https://blog.with2.net/link/?1840281

==============================

 

【意外と元気かも?】   

 

6月23日 日曜日です。

 

おはようございます。

 

今日は終日雨の南関東です。

自宅にこもってお掃除が望ましいでしょう。

梅雨入りとなり

インドアでの『やること満載リスト』からの処理を

淡々と進めたいと思います。

 

一年が経過しました。

昨年の今頃は、

右腕骨折という一大事となり

全てが左手生活でスタートしました。

 

キーボードに指を這わせることにも

痛みが生じた時から一年です。

 

リハビリのおかげで

なんとか普段通りに可動域を確保して

つっぱり感をなくすために

週一程度で継続しています。

 

私・お父さんの周りの人に感謝したいと思います。

 

今後は、気が乗らない時には

肉体労働は避けるということが

望ましいでしょう。

 

入院104日目 一般病棟20日目 導尿再開45日目

ということで、今日のお題は、

【意外と元気かも?】

です。

 

お母さん(監督)と私・お父さんが

面会を行うたびに確認することは

抑制帯がついているかどうかです。

 

小粒ちゃん(ネーネ・助監督)は過去に

経鼻栄養チューブを抜いてしまうという

自己抜管を何度となく行なっているので

両手を抑制されています。

しかし、昨日は信頼関係のある看護師A氏から

「今日は元気だし、しばりをなくしているんだよねぇ。」

と言われ

 

「元気になっているじゃん。もう少しだよ。」

とお母さん(監督)に励まされ

ちょっとは機嫌が良くなった

小粒ちゃん(ネーネ・助監督)でした。

 

バンコ投与も残り1日となり

月曜日の朝で終了となります。

若干、手に振戦があり

顔の顎周りに発疹が発生しているのが

気になりますが、

 

それもバンコ投与が終了すると

消えていくことでしょう。

 

尿路感染のCREというバイキン君は

悪さをしていないようなので

様子見となっています。

やはり、体に管を入れることは

感染源となるので

入院=感染

という式も成立するのでしょう。

 

様子を確認すると

表情は明るく、応対も元気でした。

ポカリアイスを食べてもらい

口腔ケアを行い

舌苔を取り除くのが

私・お父さんの仕事です。

 

看護師A氏との相性が良いのか

症状は良くないものの

表情は明るかったのは

私たちにとっては良い面会となりました。

【意外と元気かも?】

とは、

バンコ投与も終了に近づき

気持ち的にも余裕が出てきたからか

表情は良く見えました。

 

毎日の面会では

30分程度しか確認できないので

一日の様子はわかりませんが、

その30分が

私たちの目に焼き付いてしまいます。

 

今後も相性の良い看護師さんが

ケアしてくれることを期待したいと思います。

にゃんにゃん。。

 

*****************************

いつも通りに英語レッスン受講です。

 

常に意識して

英語のレッスンを受けることで

亀のような足取りでも成果は得られるのではないか

と感じるようになりました。

 

そして、2024年もスタートから順調です。

習慣化としては、しっかり定着してきました。

忘れないように毎日レッスンを継続します。

無駄にできない毎日25分です。

 

ラッキーなことに

月一で日本人講師とのレッスンが可能となりました。

 

なので、

良くわからない表現を丁寧に

説明してもらうには

やはり、日本人講師のサポートが必要です。

 

習慣化すると歯磨きのようにレッスンを受けられます。

歯磨きレッスンが理想ですね。

 

『ムリ・ムダ・ムラ』は禁物ですね。

 

なにごとも   

『人生は、楽しんだもの勝ち!』です。

 

*****************************

 

常に前進です。

            

『迷ったら前へ、

 苦しくなったら前へ、

 つらくなったら前へ。 

 後悔するのはあとでいい。ずーとあとでいい。』

 

という言葉の通り、

進むべき道を間違えないように。。。

 

『ムリ・ムダ・ムラ』を排除しつつ。。。 

 

にゃんにゃん。。

 

==============================

励みになります。

クリックして応援してくださいね。


https://fukuyama-syo.com/blog

https://blog.with2.net/link/?1840281

https://www.infotop.jp/click.php?aid=4436&iid=99887

==============================

 

6月23日 日曜日です。

 

米ドルが強くなってきました。

というより、

日本円が弱すぎるということでしょう。

 

米国財務省から監視リストに追加されてしまったので

介入の恐れが

なくなってきたのではないかなぁ

とも考えています。

 

政治的にはやりにくい状況ですね。

どうするのかなぁ、神田財務官と植田総裁。。。

 

備忘録は完成したので

今日中にアップします。

 

にゃんにゃん。。

 

チャンネル登録をお願いいたします。

 

****************************

20240616_FX_相場環境_動画解説

https://youtu.be/tXHgv3UAo7Y

*****************************

 

*****************************

20240616_updated

夢への軌跡_FX_6通貨_相場環境認識・備忘録_20240616

https://fukuyama-syo.com/archives/34555

https://www.amazon.co.jp/dp/B0D77PNQZC

*****************************

 

共に学びましょう。

https://www.infotop.jp/click.php?aid=4436&iid=99887

https://www.gogojungle.co.jp/tools/ebooks/30872

https://coconala.com/services/2041597

https://fukuyama-syo.com/

 

【い・ろ・は・組(168)_2】

登録URL:

https://www.gogojungle.co.jp/tools/rooms/33239

 

にゃんにゃん。。

 

==============================

励みになります。

クリックして応援してくださいね。


https://fukuyama-syo.com/blog

https://blog.with2.net/link/?1840281

==============================

 

常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

#えふえっくす

――――――――――――――――

いつも、「いいね」と「コメント」を

ありがとうございます。

************************************

 

福山 紫生(Syo Fukuyama)

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして 福山紫生と申します。 千葉県松戸市生まれで 幼少期は東京都立川市で育ちました。 中学時代はサッカー部でした。 ポジションはスウィーパーという ゴールキーパー前の掃除人でした。 当時の体は170cm、80kgという サッカーにはふさわしくない体形をしており、 試合中、相手にけがをさせてしまい 救急車を呼んだこともありました。 チームメートからは「重戦車」とも呼ばれていました。 高校時代は一変し、帰宅部となり 受験勉強に勤しみました。 毎日のスケジュールをしっかりと立て 当時、テレビを見るという悪い癖を克服するために 帰宅後、18時から22時までの4時間を睡眠時間とし ゴールデンタイムにテレビをつけることもなくなりました。 22時から夕食、23時から明け方まで勉強をし、 オールナイトニッポンというラジオ番組が友達になりました。 無事、高校3年11月で早稲田大学の推薦をもらい その後は、自動車、オートバイなどの運転資格免許をとり 親の車を乗り回して、遊んでいました。 大学時代は、ミーハーサークルに所属し テニスやスキー、アルバイトに勤しみ、 勉強については、それほど、力を入れていませんでした。 早稲田大学を卒業後 株式会社ダイエーへ入社し、2年で退社しました。 ここにいても「自分らしさを出すことはできない」と 思ったからです。 その後、運送業を行い、体調を崩し、6年で廃業しました。 そして、医療器械の国内輸入商社へ入社しました。 国内医療機器の販売を行う際の2年目に ナポレオンヒルプログラムを学び、 成績優秀者として、表彰されたこともありました。 自分は順風満帆の会社員生活を送っていたと思っていました。 しかしながら、考え方が大きく変化したのは 2002年に子供が誕生したときです。 誕生時、未熟児、且つ様々な病気をもって 生まれてきた娘は3か月の入院後、退院してきました。 その間、仕事が手につかず、お休みがちになっていましたが、 会社からは「君の代わりはたくさんいる。」と告げられました。 このとき、自らが会社に貢献していないと、 「いらない」と言われてしまうんだなぁと感じました。 娘は完全治癒では、ありませんでしたが、 世話を嫁に任せ、私は日常業務に勤しみました。 娘は10年間後遺症は出ませんでしたが、 2012年に後遺症が発生し、現在も通院治療を行っています。 その後遺症が障害となり、苦しむ中、 父親としては、時間とお金のかかる 娘の治療に専念したいという思いから 挑戦し続けています。 2011年に国内商社から外資系商社へ転職し、 そして、現在に至ります。