夢への軌跡_医師との会話

20160726_医師との会話



【医師との会話】


おはようございます。

今日は火曜日ですね。

暑さ故、体調には気を付けて

頑張っていきましょう。


さて、今日のお題は、【医師との会話】です。

一昨日、投薬方法に間違いがあり、

患者が亡くなってしまったというニュースがありました。


医療器械や薬剤には定められた使用方法がメーカー側より

製品の『添付文書』として貼付され、

内容の確認のために医局では製薬メーカーが、

病棟では器材メーカーが説明会を適宜行っています。


今回の薬剤である「ラミクタール」という製剤は

グラクソ・スミスクライン株式会社より

2008年12月より発売開始され、

他の抗てんかん薬と比較し、

女性には生殖器官への影響が少ないとされ、

女性に勧められていた薬剤となります。


しかしながら、即効性はなく、

体重によって処方を段階的に増量していく方法をとります。


また、投与開始後2週間は、1日おきでの服用となり、

通常の薬剤と比較すると

「はっきり言って面倒くさい」薬剤となります。


更に『添付文書』上、記載されている内容を熟読せずに処方することは

言語道断であることは間違いないと言わざるを得ません。


医療では、昔は「薬事法」と言われていた

今では、「薬器法」と呼ばれる法律があります。


その法律上では、

「添付文書を守りましょう」という

意味合いなのですが、

それより、上に医師法というのがあり、

医師の判断で逸脱した処方や使い方も認められてしまっています。


ここまでが、背景です。

そこで、【医師との会話】が必要となります。

診断時に『全てお任せ』は、はっきり言ってまずいですね。


医師がどこを目指して治療方針を立てているのか

患者として、理解する必要があります。

簡単に『添付文書』は入手可能です。

インターネットで予備知識をもって

診断に臨む患者も多いと思いますので

しっかりとした説明をしてもらう必要がありますね。


知識不足な医師は、回答できないため、

その場で調べてでも回答してもらえると思います。


【医師との会話】を避けて通ろうとすると

言葉は悪いですが、研究にされてしまうこともあります。


しっかりと学んで、今、自分が服用している薬がある方は

判断した方が良いかもしれませんね。


私の糖質制限に至るまでに

薬剤変更と食事制限により、

ある意味、糖尿病克服に至りましたので

併せて、報告いたします。
http://ameblo.jp/fukuyamashow/theme3-10097077849.html



常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。


――――――――――――――――

やっぱり思い込みっていけませんね。

自分自身の可能性を自分で閉ざしちゃう。

あなたの可能性試してみませんか?

⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw

――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。


*****************************************

Facebookもやっています。

お気軽に友達リクエストをお待ちしております。

https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。

http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。

よろしければ、応援をお願いいたします。

http://fukuyama-syo.com/5mrd


*****************************************





福山 紫生(Syo Fukuyama)

20160726_ishitonokaiwa

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする