<日本の速読> 日本人にはこの速読術が適していた

【<日本の速読> 日本人にはこの速読術が適していた】

耳寄り情報

2016年も終わりに近づき、

2017年はスタートからダッシュしようと

気合の入っている方も多いのではないでしょうか?

<日本の速読> を紹介しますね。

特に受験生にとっては、華僑となる1月ですね。

大学受験も2月10日から本番と言うことで

体調も気合も万全にしていきたいところです。

さて、今回、ご紹介する教材は、

フォトリーディングや速読というと右脳の開発が

必要となりますが、

どうも、日本人には適さないのではないかと

ささやかれています。

20161229_unosanou1

というのも、日本人は右利きが多く、

左脳が長けている人が非常に多いと言われています。

従い、右脳を鍛える速読術よりも

左脳を鍛える速読術の方が、日本人には適していると

言われています。

それが、<日本の速読>です。

特に英語については、

どうしても、英語→日本語→イメージと

いう段階を踏むので時間がかかり、

受験やTOEICの試験では長文読解などで

苦労することが多いですね。

そこで登場する、『<日本の速読> 左脳速読術』です。

教材はダウンロード版と冊子版と双方あり、

ダウンロードであれば、すぐに手に入ります。

そして、訓練すること3日である程度の成果が

表れるという事実には驚愕しますね。

流石、『<日本の速読> 左脳速読術』です。

受験のための英語速読にも間に合いそうです。

更に、これは、

『<日本の速読> 左脳速読術』 ですから、

英語だけではなく、他の教科にも応用できます。

製作者は東大法学部出身であり、

その方法の実践者ですから、信頼性も抜群ですね。

では、ぜひ、2017年の受験突破のために

是非、お試しください。

http://fukuyama-syo.com/fw4p

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする