夢への軌跡_我が母親の心情とは・・・

20170303_我が母親の心情とは・・・

==============================

励みになります。

応援していただけますようお願いいたします。

社長ブログ ブログランキングへ

==============================

【我が母親の心情とは・・・】

おはようございます。

3月3日のひな祭りですね。

我が家にも娘がいなかったら、ひな人形は飾らないでしょうね

女の子がいるということが良いことなのかもしれません。(笑)

明日から娘の試験です。4日土曜日からです。

娘は先月、救急車で運ばれことが、

脳裏に焼き付き、進級出来ないのではないかという

不安に取りつかれています。

中学生なのに。。。

さて、今日のお題は、

【我が母親の心情とは・・・】です。

昨晩、帰宅していた時点で、

我がカミサンは電話中。

娘は調子が悪く、睡眠中という土壇場の時

私の母親から電話があったらしく、

1時間の時間を取られました。

我がカミサンもさすがに閉口気味でした。

年齢を重ねると

いろいろなことが起こります。

因みに、我が家のお隣さんも

80過ぎのお婆さんと60近い息子の二人暮らしです。

そのお婆さんは、週に3回以上、

「ピンポン」と呼び鈴を鳴らします。

更に、電話がかかってきます。

我がカミサンはその相手をしています。

時間にして、1時間以上です。

時間を持て余している方であれば

良いかもしれませんが、

我が家は娘の病状により、緊急時に備え

多忙状態が極まりないのですね。

そのようなところに、私の母親からの電話でした。

昨日、私からの電話について

閉口気味であった母親も

今度は嫁にかけてきたようです。

それも、1時間です。

自分都合ですね。

では、ちょっと分析してみます。

我が母親はエニアグラムで言う

タイプ1ウイング2です。

要は、自分にも厳しい、他人にも厳しいという

タイプなのですが、ウイング2がかかっているので

人に注目されたいという欲求があります。

更に、自分を正当化して、

他を抑圧するという傾向があります。

まさに、タイプ1の不健全な状態となります。

状況を確認すると、

3月2日の昨日、私の父親は入院しました。

3日の手術のために。

結果、見送った私の母親は、一人で自宅いて

寂しくなり、私の嫁(カミサン)に

電話をしてきたようです。

どこの嫁も話は聞きますよね。間違いなく!!

姑からの電話であれば。

それが気持ちよくなり、

1時間の電話となったようです。

私としては、『またか?』ですね。

しかし、この我が母親の言い分としても

タイプ1ウイング2であるから理解できるのです。

そうなんです。

このタイプは、不健全になると

他人のせいにします。

他責ですね。

このようになる経緯も理解できるから、

エニアグラムは大事ですね。

親を教育することも必要ですから

リーダーシップの在り方の勉強ですね。

ある意味、反面教師です。

明日は手術です。

病院待機も辛くそして、長くなりそうですね。

しかし、悔いなく時間を過ごしたいので

全力で過ごします。

今を悔いなく。常に100%で。

今日も一日、頑張っていきましょう。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――― 

決断するということは、引き返さずに前進あるのみです。

毎日が成長であり、

昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

#2017革命

――――――――――――――――

自由を求める人は読むべきです。

http://fukuyama-syo.com/q5y5

――――――――――――――――

勉強して損はしません。

知らないでは済まされない事実はこちらです。

http://fukuyama-syo.com/3bie

――――――――――――――――

リフレーミング、そして、俯瞰的に

物事を見るためには必須ですね。

http://fukuyama-syo.com/ljmz

――――――――――――――――

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。

お気軽に友達リクエストをお待ちしております。

https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページです。生き様公開中!

http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。

よろしければ、応援をお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?1840281

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする