夢への軌跡_こんなはずじゃなかった。。。

20200116_こんなはずじゃなかった。。。

 

==============================

励みになります。

クリックして応援してくださいね。


人気ブログランキング

https://blog.with2.net/link/?1840281

==============================

【こんなはずじゃなかった。。。】

 

おはようございます。

116日 木曜日です。

 

昨日は良く降った雨です。

昼前には上がる予定で活動していたのですが、

結局15時すぎくらいまで降っていました。

 

雨の日の活動についても

十分に時間的配分を考えないと

いけないなぁと考えているこの頃です。

 

結局、昨日投稿の5%オフについては

受け入れることにしました。(笑)

 

その英語の企業さんは、

広告宣伝費などを全く考えていないようなので。。。

それも考え方の違いでしょう。

  

時間は有限ですね。

利用するのはそれぞれ個人の自由ですが、

有効に使いたいと考えています。

 

英語レッスンの判断も5%オフでラッキーという

考え方に移行します。

 

そうです。

時間は有限なのです。

 

と言うことで、今日のお題は、

【こんなはずじゃなかった。。。】

です。

 

昨日、プレゼン前のちょっとした時間を活用して

実母に電話連絡しました。

 

昨晩、留守電に入っていた内容は、

施設内でインフル患者が発生したので

外部との接触を断ち切ると言うものでした。

 

内容からすると、2週間程度なのですが、

その間、リハビリや往診の先生も入館できず、

なんともかんとも、納得いかない実母です。

 

仕方ないんですけどねぇ。

 

実母にしてみるとリハビリをしっかりと行って

早くこの施設からおさらばしたいと言うので

リハビリがないと言うことは

自分の意図と反することとなるのです。

 

結構、頭はしっかりしています。

 

すると、金庫番である叔父の話となり、

どうやら、金庫番である叔父は、

終身でここの施設に入れておきたいと言う様子。

 

実母は、「帰る!」と言うので

内容を把握すると

施設入所時の補佐人が

金庫番である叔父になっているようです。

 

と言うことは、

補佐人が了承しないと退所できないですねぇ。

 

そして、更に

金庫番である叔父が、あることないこと、

私の悪口を言いふらしているようです。

 

「だから、施設内では、あんたの言うことは聞きそうもないよ。」

 

と言う実母からのアドバイスでした。

 

そもそも論として、

我が家の遺産がなぜ、金庫番である叔父にあるのか?

そして、相続や準確定申告について

邪魔をするのはなぜか?

疑問符が多数、発生するのですが、

 

金庫番である叔父とは、

私との接触回数も数少なく、

様子が掴めないので

できることをコツコツと行う旨

実母には伝えました。

 

亡き実父からいろいろな、ないことないことが

金庫番である叔父にインプットされているのでしょう。

 

しかし、実母の財産も預かって管理すると言う

なんとなく解せない状況なので

ある意味、私としては

『放っておくか?』

と言うスタンスです。

 

実母からの発言では、

「こんなはずじゃなかった。。。」

とは、金庫番である叔父の話です。

 

実母が、茨城から東京の山梨に近い

介護付き老人ホームへ入所したのは、

実母からすると

「週に2回程度の訪問があって、

 好きなものを食べることができて

 寂しくないこと。」

が条件のようでしたが、

 

それを受け入れて東京(山梨に近い)施設へ

入所したのです。

 

当然、千葉県民の私としては、

なんのサポートもできないのは言わずもがなです。

 

欲しいものを宅急便で発送程度ですね。

 

その愚痴を聞くたびに、

『自己責任でしょ?』

と言い返します。

 

すると、

「こんなはずじゃなかった。。。」

と言います。

 

現在、私としては、実母との共通の敵が

存在することで助かっています。

 

まさに、この時は金庫番である叔父に感謝かもしれません。

 

しかし、実母を受け入れた以上、

価値観が異なるとはいえ、

しっかりと面倒を見て欲しいですね。

 

【こんなはずじゃなかった。。。】

とは、常に自己責任で、決定することであり、

自分で選択することです。

 

年齢に関係なく、自分の人生は自分で切り拓くものだと

私は考えています。

 

金庫番である叔父とは

20年以上話をしたことがなく、

更に実父亡き後も3回程度の

会話しかしていないのですが、

 

あちらこちらで、私の悪口を

言い放っているようです。

 

個人的には、

『弱い犬ほどよく吠えるかなぁ・・』

と静観していますが、

倫理的に戦う時は来るかもしれませんね。

 

亡き実父は本当に良い死に方はしていません。

残された実母も長男である私も

活動にしがらみが生じますから。。。

 

金庫番である叔父が

実は大金を使っていたりして。。。(笑)

 

いつかは最終手段としてこのようになるかもしれませんね。

 

窃盗容疑?

なんて。。。

 

私の従兄弟も開いた口が塞がらないでしょうね。

(笑)

          

2020年も頑張っていきましょう。

           

常に前進です。

            

『迷ったら前へ、

 苦しくなったら前へ、

 つらくなったら前へ。 

 後悔するのはあとでいい。ずーとあとでいい。』

 

という言葉の通り、

進むべき道を間違えないように。。。

   

『ムリ・ムダ・ムラ』を排除しつつ。。。 

にゃんにゃん。。

 

*****************************

ブログランキングの応援をお願いいたします。


人気ブログランキング

https://blog.with2.net/link/?1840281

*****************************

 

116日 木曜日です。

週の後半ですね。

 

なんとなくの上昇か?と思いつつ

個人的には、110.0を超えたので

上目線であったのですが、

強力な下への力に影響されているようです。

 

なかなか、下がると超えません。

 

と言うことは、下への力が強いかも?

なんて考えています。

 

トレンドフォローは、戦略を練って

ゆっくり構えて、エントリーかもしれませんね。

 

「慌てるこじきは貰いが少ない」

ということが意味しているかもしれません。

  

しっかりとチャートを見ていきたいですね。。

  

今週、USD/JPYに限って相場環境認識と

2019年のボラティリティをアップデートしました。

 

必要な方は、ご確認ください。

*****************************

20200112_updated

夢への軌跡_FX_USDJPY_相場環境認識_20200112

http://fukuyama-syo.com/archives/14524

*****************************

20200112_updated

夢への軌跡_FX_USDJPY_2019_VOLATILITY

http://fukuyama-syo.com/archives/14527

*****************************

20200113_updated

夢への軌跡_FX_AUDJPY_2019_VOLATILITY

http://fukuyama-syo.com/archives/14550

*****************************

20200113_updated

夢への軌跡_FX_EURJPY_2019_VOLATILITY

http://fukuyama-syo.com/archives/14548

*****************************

20200113_updated

夢への軌跡_FX_GBPJPY_2019_VOLATILITY

http://fukuyama-syo.com/archives/14543

*****************************

  

しっかりと、チャートを見ると

今後の動きが見えてきますね。

 

もし仮に、想定外の場合には損切りを

行うことで最小限のリスクで回避できます。

 

しっかりと、考えてトレードを行うことで

トレーディングの質が向上します。

 

とまぁ、エセアナリスト登場です。(笑)

*****************************

最新の無料FX講座が書面で手に入ります。

これが無料なら、

本を購入する必要はなくなりますね。

http://fukuyama-syo.com/fpo2020

ある意味、PDFで保管しておいても良いと思いました。

しっかりと学ぶには、わかりやすい、

そして、見やすい資料が必要ですね。

『始めの一歩』です。

*****************************

 

楽しみながら。。。

        

相場の神様に感謝しつつ。。

チャートを確認していきましょう。  

にゃんにゃんにゃん。。。 

エセアナリストですけど。。。(笑)

    

ぼちぼち、政府も動き出しましたね。

今度は、3000万ですね。

簡単に定年後必要資金を釣り上げないで欲しいなぁ。

  

エセアナリストのお仕事です。(笑)

*****************************

 

収縮と伸長の繰り返しです。

2018年のドル円の年ボラは10円ちょっとです。

  

平均値は16円程度です。

そして、2019年のドル円の年ボラは、

なんと、8円弱です。

 

ここまで収縮してくると

何かの前触れかもしれませんね。

 

2020年は東京オリンピックが開催され

観光収入が日本に集まってきます。

 

外部環境的には、円高より円安の方が

外貨を獲得しやすいと言う印象を持つのでは

ないでしょうか?

 

個人的には円高の方がありがたいのですが、

大きなお金を扱っている企業や政府などは

1ドル120円程度までの上昇を

視野に入れているかもしれませんね。

 

と言うことは、

2020年は新たなサイクルを形成する可能性も

高くなります。

 

気になるのは米国のDJI数値です。

28000ドルを超えているにもかかわらず

USD/JPYに影響がないと言うことは

借金返済のタイミングがいつかやってくる

かもしれません。

 

何がきっかけになるかはわかりませんが、

準備は必要です。

 

エリオットで数えていきましょう。

 

いつか来るであろう、毎日給料日と

考えています。はいっ! 

    

負けないトレードを目指します。

  

個人的な目標は週に100 pipsです。

この技術があれば、怖いことはないですね。

 

色々な考え方がありますが、

それぞれの通貨で、

しっかりと、学んでおくと

失敗は少なくなりますね。

 

「えふえっくす」は心理学の一つかもしれません。

  

このようなアナリスト気分になれるのは

やはり、学びです。

 

学びは力になりますね。

http://fukuyama-syo.com/2019

*****************************

ブログランキングの応援をお願いいたします。


人気ブログランキング

*****************************

          

【学ぼう! えふえっくす!!!】

スタートミーアップ 「えふえっくす」 です。

 

学んでみませんか?

もう一回、無料です。

2020118日です。Webinarとなります。

申込者の方にURLを送信します。

紹介者に、「福山」と入力してくださいね。

 

ちょっと、覗いてみるのも良いかもしれませんね。

 

興味があれば、覗いてみましょう。   

その後の判断は、自分で考えてくださいね。

 

無料でここまでの情報が得られるのであれば、

時間を割いて参加する価値ありと

個人的には考えています。

 

学びは裏切りませんので

まずは、学んでからトライしていきましょう。   

  

「えふえっくす」で勝敗を分ける理由は、

・情報不足

・慢心

・思い込み

となります。

  

今や、感情を度外視したトレードも可能ですね。

感情トレードは資産を溶かします。

ですから、学びましょう。

 

学びを怠ると、自分の力にはなりません。

http://fukuyama-syo.com/2019

  

にゃんにゃんにゃん。。。

 

==============================

少しでも前向きになれたなぁと感じたら、

クリックして応援してくださいね。


人気ブログランキング

==============================

 

今を悔いなく。常に100%で。

今日も一日、頑張っていきましょう。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

 

――――――――――――――― 

決断するということは、

引き返さずに前進あるのみです。

 

毎日が成長であり、

昨日の自分より今日の自分が

成長しているはずなのです。

 

常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

#えふえっくす

――――――――――――――――

いつも、「いいね」と「コメント」を

ありがとうございます。

************************************

 

福山 紫生(Syo Fukuyama

Follow me!

最初はここです。申し込みは簡単です。免許証とマイナンバーが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする