夢への軌跡_糖質制限33_そろそろ、花粉症の季節では?

20161221_糖質制限33_そろそろ、花粉症の季節では?

励みになります。

お役に立ったら、応援をお願いいたします。

社長ブログ ブログランキングへ

【そろそろ、花粉症の季節では?】

おはようございます。

毎年、この季節になるとスギ花粉に悩まされる私です。

11月になると、『花粉センサー』が働き、初回くしゃみから、

鼻がずるずる状態になること、既に20年以上でした。

ということで、今日のお題は

【そろそろ、花粉症の季節では?】です。

私の『花粉センサー』はこれまで、意外と正確で

11月の上旬から、確実に症状が現れました。

毎日1錠ずつのアレグラを2錠に変更するのはこのころからですね。

そして、5月のゴールデンウィークまで1日2錠が継続していました。

アレグラという薬は今では有名ですが、

米国で1996年、日本で2000年の販売開始となります。

私の花粉症は高校時代からなのでそれ以前ですね。

それが、今年は、『花粉センサー』が、機能しません。

『さて、どうしたことか?』と考えて、

主治医に相談したら、

シャキシャキ江戸っ子女医さん曰く、

「そうそう、糖質制限すると、出てこなくなるわよ。」
とあっさり、切られました。

『まじっすか?

30年前に教えてほしかったわぁ。』

「そのころ、糖質制限はないのよ。」

『そうですね。』

糖質制限は2000年ころからです。

京都の江部先生の本が有名ですね。

色々な本がありますが、ご自身が糖尿人であることを

表しているので、最もしっかりしているのではないでしょうか?

『じゃぁ、これで、治っちゃうんですか?』

「そうね。症状が出なければ、治ったのも同然ね。」

『あの苦しみはないのですか?』

「出なければ、ないんじゃない。」

いやぁ、これまた、糖質制限の良さを実感しました。

ご存知の方も多いと思いますが、

昨年の今ごろ、糖質制限を開始して、

体重を13㎏落とし、HbA1cも6.0まで落とした結果、

花粉症まで出てこなくなったということは

素晴らしく、私の人生を変化させた療法ですね。

感謝感謝です。

食事内容はこのような感じです。

20160702_朝食

ご参考までに江部先生の書籍です。

これから、窓を開けていても、

スギ花粉を気にしなくて良いのは、『言うことなし』ですね。

決断するということは、引き返さずに前進あるのみです。

毎日が成長であり、

昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――

アマゾン1位の書籍が無料配布中です。

http://fukuyama-syo.com/q5y5

――――――――――――――――

無料でスタート。まずは情報収集から。

お小遣いをしっかり稼ぎましょう。

http://fukuyama-syo.com/3bie

――――――――――――――――

自分の限界を自分で決めている。

そのような、≪もったいない病≫の人は日本人に多いですね。

視野拡大のパラダイムシフトです。

http://fukuyama-syo.com/ljmz

――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。

お気軽に友達リクエストをお待ちしております。

https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。

http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。

よろしければ、応援をお願いいたします。

http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする