夢への軌跡_予想することの重要性

20161207_予想することの重要性

励みになります。

お役に立ったら、応援をお願いいたします。

社長ブログ ブログランキングへ

【予想することの重要性】

おはようございます。

寒い水曜日ですね。

千葉県松戸市は今朝の気温は2度です。

水は4度以下になると凍りますね。

路面凍結の可能性もあり、少し、怖いですね。

さて、今日のお題は、【予想することの重要性】です。

何事にも『寝耳に水』という事態に陥り、

全く準備できていないこともありますが、

ある程度の予想は可能だと思います。

気温が低くなれば、路面凍結となり、

安全性を考量するには冬タイヤが必要ですね。

先日、会社のリース車の更新が決定となり、

上司より、「冬タイヤ必要ですか?」

と電話がありました。

来年の2月で、次のリース車に乗り換えるようです。

リース会社から、連絡のメールがあったようですが、

スルーしていました。(笑)

偏屈の私は、

『会社が安全性を考慮しないのであれば、従いますけど。。。

プライベートの車は冬タイヤを履いています。

従い、必要と考えています。』

と回答しました。

千葉県に居住しているので、必要ないと考える人も

いるとは思いますが、

私の場合、仕事にプライドを持っているので、

『アポイントの時間に予期せぬ理由で行かれない。』とは

言いたくないのです。

理由は、私が行かれなかった場合、

患者さんの命を失ってしまう可能性があるからです。

私は医師ではありませんが、医師に取り扱いを伝える立場なので。

そんなプライドがどうしても、

上司のセリフに反応してしまったのですね。

どのリース車もつけるべきであって、

営業担当が断れば、「冬タイヤなし」という判断もOKだと思います。

しかし、会社側から、「必要の有無」を確認するには

少し、理不尽ではないかなぁと感じました。

一応、私の場合、

冬タイヤ希望で連絡しましたが、

結論はどうなるかはわかりません。

20161207_yuki2

また、もしも、仮に

雪が降って、時間に間に合わなく、

もしくは、事故に巻き込まれて

顧客からの信用を失った場合、

大きな損失を被ることになるのですが、

『そこまで本当に考えているのかなぁ』とも思いました。

雪で事故を起こしてしまい、

命を失った場合、会社としては最善を尽くしたと言えるのでしょうか?

たかが、冬タイヤでも、そこまで考えてこそ、

会社の管理職と言えるのではないでしょうか?

企業での管理職育成について、モノ申します。

節度のない、言葉を知らない、

悪く言えば、人間批判を簡単に口に出してしまう管理職が散見されます。

20161207_yuki

部下一人には、家族がいます。

家族の命も守ってこそ、一流企業ではないでしょうか?

私が所属する企業は、一流には程遠いのですが・・・

反面教師として、自分を磨き上げます。

決断するということは、引き返さずに前進あるのみです。

毎日が成長であり、

昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――

アマゾン1位の書籍が無料配布中です。

http://fukuyama-syo.com/q5y5

――――――――――――――――

無料でスタート。まずは情報収集から。

お小遣いをしっかり稼ぎましょう。

http://fukuyama-syo.com/3bie

――――――――――――――――

自分の限界を自分で決めている。

そのような、≪もったいない病≫の人は日本人に多いですね。

視野拡大のパラダイムシフトです。

http://fukuyama-syo.com/ljmz

――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。

お気軽に友達リクエストをお待ちしております。

https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。

http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。

よろしければ、応援をお願いいたします。

http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする