英語が自分の将来の壁になっていませんか? 年齢に関係なく、いつからでも再スタートができます。

英語が自分の将来の壁になっていませんか?

年齢に関係なく、いつからでも再スタートができます。

詳細はこちらです。

20161123_eigogakushu2

実は、私も英語で苦労しました。

国内輸入商社でマーケティングの製品担当として、海外の商品開発をしていた時、

どうしても通じない英語となってしまうのが悩みでした。

とりあえず、面談となりFace to Faceであれば、

なんとかコミュニケーションを図ることができましたが、

電話となるとリスニングの力とスピーキングの力の双方が必要となり、

沈黙となることが多くなりました。

海外の担当者からは、

“Silence is agreeing in Japan.” ⇒ 沈黙は納得しているんだね。

と揶揄させることもありました。

それもそのはず、

海外では英語で自己主張をしないと存在意義がなくなってしまいます。

ある程度の努力はしましたが、

とりあえず、電話でもビデオ会議でもなんとか理解できる程度まで向上させました。

その後、外資系企業へ移籍し、

業務を遂行していくうえで、良く垣間見ました。

営業の管理職の方が海外の顧客とのコミュニケーションを図るのに

苦労している姿を。。。

20161123_eigogakushu4

あなたもそのような状態に陥っていませんか?

自分はとりあえず、クリアしているものの

『他の人はまだまだ苦労しているのだなぁ』と感じました。

特に外資系企業の場合、英語は管理職にとっては必須です。

営業だからと言って逃げてはいられません。

海外からのキーパーソンが来日した場合、

日本の事情を理解してもらうために、顧客回りを行います。

【英語は話せて当たり前】という海外の人とのコミュニケーションには

冷や汗をかきながら、対応している姿を良く見ます。

そのような交渉の場に、英語がつたなくても

伝わるコミュニケーションができれば良いと思いませんか?

また、少し、上達すれば、海外勤務の可能性も広がってきます。

そして、2020年の東京オリンピックまでには、

海外からのお客さんが多く来日し、

交差点で道を尋ねられることもあるでしょう。

そんなとき、かっこよく

対応できれば、周りの目も尊敬のまなざしで、

自らの株も急上昇となるでしょう。

20161123_eigogakushu1

そのためには、まずは勉強です。

しかし、ここで、また不安がよぎります。

・何からやったら良いのだろう?

・どのくらいの期間、勉強したら良いのだろう?

まずは2か月間、やり通しませんか?

今まで中学・高校・大学と10年間も英語を勉強して

全く話せないわけがないのです。

あなたが持っている力を発揮できていないだけなのです。

今回、ご紹介するプログラムは

2か月間、60日間、頑張って、

仮に成果が得られないとしても、返金保証があります。

あなたの努力を無にはしないプログラムですね。

是非、お試しください。

http://fukuyama-syo.com/s7pf

そして、お子さんのいる方は、そのまま、お子さんにも使うことができますよ。

http://fukuyama-syo.com/s7pf

一石二鳥ではないでしょうか?

自分の英語力向上による昇進と

お子さんの英語力向上による成績アップ

20161123_eigogakushu3

なかなか、この内容で全額返金保証を約束しているプログラムはないですね。

http://fukuyama-syo.com/s7pf

*****************************

福山 紫生

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする