夢への軌跡_スケジュール作成の基準

20161119_スケジュール作成の基準

励みになります。応援をお願いいたします。

社長ブログ ブログランキングへ

【スケジュール作成の基準】

おはようございます。

今日は土曜日ですね。
サービス業の方以外はお休みでしょうか?
私は昨日からお休みを頂戴しており、
(とはいえ、いろいろ電話はかかってくるのですが・・・)
のんびり過ごそうとしていました。

がしかし、予定は予定であり、決定ではなく、
家のお仕事や残務整理に追われて、
一日が終了してしまいました。

中でも、取引先の方より電話があり、
「来週のスケジュールで同行をお願いしたいのですが?」
と尋ねられたので、
『ごめん。もういっぱいいっぱいなんですよ。
28日月曜日以降でお願いできますか?』

ということで、今日のお題は
【スケジュール作成の基準】です。

20161119_yoteihyou

今までの自分であるのならば、
間違いなく、『あ、いいですよ。来週の〇〇なら。』
という回答をしていたのですが、
昨日の回答は、
『ごめん。もういっぱいいっぱいなんですよ。』
と、我ながら、ちょっと後ろめたく
『嘘ついてるじゃん』
と自分に問いかけていました。

来週の21日(月)と22日(火)はスケジュールはガラガラです。
というのも、お休みしたくてわざと何も予定を入れなかった
のが本音です。

予定表の中にアポイントを入れるか入れないかの基準は
あくまでも私の場合ですが、
『100%の状態でその面談に打ち込めるか』です。

強引にアポイントを入れても
お互いに時間のムダとなる場合もあります。
せっかく時間を作って、面談に行っても
全く的を得ていない場合もあります。

しかし、自分基準で
『100%であれば、面談の価値はある』
と考えています。

逆に、100%でない場合、
相手に対して失礼であり、
おそらく、集中力にかけることとなり
ムダと考えてしまうことがあります。

やはり、体調が思わしくないとき、
気分が乗らないとき、
疲れているとき、
などなど、
理由はさまざまですが、
結果もついてこない場合が多いですね。

であれば、『お休みを優先して良い』と考えています。
イソップの『金の卵とガチョウ』の話と一緒ですね。

私の場合、営業の成果が『金の卵』であり、
自分の体や体調が『ガチョウ』です。

『ガチョウ』を大事にしないと、『金の卵』は
生まれませんね。

P/PCバランスとも言います。
どうしても、意と反し、やらなければならないときもあるので
昨日は、『先約がありまして』とお断りしました。

これも一つの技ですね。
これからの時期、いろいろなお酒の機会が増えますが、
私は、この言葉、『先約がありまして』を
良く利用します。

そもそも、タバコが嫌いなので
居酒屋さんにはいきたくありませんし、
二次会、三次会は時間のムダと勝手に解釈しています。(笑)

寒くなりますので、お体、ご自愛くださいませ。

決断するということは、引き返さずに前進あるのみです。

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
自分を知る方法を知っていますか?
人間はおおよそ、9つのパターンに分かれます。
http://www.eniamaster9.net/1/workshop.pdf
――――――――――――――――
何から始めたら収入を獲得できるのか?
悩むより、まずは、無料からスタート
http://fukuyama-syo.com/pdvv
――――――――――――――――
自分の限界を自分で決めている。
そのような、≪もったいない病≫の人は日本人に多いですね。
視野拡大のパラダイムシフトです。
http://fukuyama-syo.com/60bt
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする