夢への軌跡_製品の寿命とは・・・

20161111_製品の寿命とは・・・

励みになります。応援をお願いいたします。

社長ブログ ブログランキングへ

【製品の寿命とは・・・】

おはようございます。

昨日は八戸出発で、自宅まで戻ってきました。
雪には合わず、所々で雨でしたので
比較的順調な復路となりました。

画像は八戸の雪と青空と紅葉です。
赤と白のコントラストに惹かれて
思わず止まって写真撮影をなりました。
ホッとした瞬間でした。
後は、ひたすら走りました。(笑)

20161111_hachinohe

途中、福島でお仕事でしたので
休憩も兼ねて説明を行ってきました。

さて、今日のお題は、【製品の寿命とは・・・】です。
製品にはライフサイクルがあります。
導入期、成長期、成熟期、衰退期と4つのステージがあり、
それぞれ、どのステージかによって
営業活動が異なるのも事実です。

価格面でも成熟期からは安くなる一方で
単価が下がる分、数量でカバーするという現象が発生します。

私が取り扱う製品も日本で販売されて、
早30年を迎えようとしているので
もうなかなか、高い金額では販売できず、
自分の価値を+αしても、
競合に負けてしまうこともしばしばあります。
既に衰退期と化してしまっています。

そんな状況の中、医療現場においては
やはり、非常に保守的であり、
いくら価格が安かろうと、いくら性能が良かろうと
なかなか、製品切替に話が進まないことが多くあります。

もちろん、主役は患者さんなので
そのケアをする医療従事者の方が
しっかりと理解するまでメーカーとしては
説明責任が生じます。

それをカバーするのが、
1発注単位に必ず付随している
『添付文書』という書類で、
俗にいう取扱説明書のようなものです。
インターネットで簡単に見ることができます。

2006年から開始されたこのシステムは
当時の厚生労働省が逸脱した使い方を行う医療機関に対し
注意勧告を行ったことが発端となります。

添付文書は医療機関の安全管理室に
必ず保管される必要性があり、
改訂時にはメーカーが改訂個所を
説明する義務を必要とします。

そのような重要な役割を担う『添付文書』ですが、
内容に明記されていることを、知らぬ間に現場では
変更してしまい、トラブルを生じることがあります。

今日もその現場に遭遇しました。
本来、毎日交換でなければならない製品を
2日で交換したので、i-padで内容を確認し、
詳細を伝えました。

医療機関側の担当者は、まさしく、「目から点」状態で
原因追及しましたが、
いつのまにか、現場で変更されていたというのが
本当のところのようです。

何も起こらなかったから、良かったものの
これで、患者さんに健康被害が発生したら
その医療機関は全責任を負うこととなります。

非常にシビアな問題ですね。
製品が成熟期を迎えたからと言って
詳細まで理解している医療機関のスタッフは少なく
年に数回、メーカーからの説明を受けてもらえるよう
お願いしました。

まだまだ、私のお仕事は、探せばたくさんありそうです。
「伝える」ということと『伝わる』ということの
違いを実感した一日でした。

例え、製品が衰退期に陥ったとしても。。。

決断するということは、引き返さずに前進あるのみです。

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
エニアグラムで自分を知りましょう。
そして、相手の考えが理解できれば、
信頼関係が生まれますね。
http://www.eniamaster9.net/1/workshop.pdf
――――――――――――――――
二つ目の収入源を探してみましょう。
まずは、無料からスタート
http://fukuyama-syo.com/pdvv
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
限界は自分で創ってしまいます。
⇒ http://fukuyama-syo.com/60bt
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする