夢への軌跡_久しぶりに会話が噛み合わない

20161109_久しぶりに会話が嚙み合わない

励みになります。応援をお願いいたします。

社長ブログ ブログランキングへ

【久しぶりに会話が嚙み合わない】

おはようございます。

今日も、仙台からです。
今日は更に北上する予定です。
今週の仕事は、
『なぜか自分でも良い仕事をしているなぁ』
と極端に感じる月曜と火曜でした。

さて、今日のお題は、
【久しぶりに会話が嚙み合わない】です。
『良い仕事をしているなぁ』と感じる反面
全く噛み合わない面談がありました。

結果から言うと、『5分もかからず面談終了』でした。
私のいる業界では、Cという製品を販売するに当たり
Bという説明会が必要となります。
そのために、Aという基本事項を学ぶ勉強会を提供しています。

いきなり、Bから入ると、相手が身構えるということと
よほど、興味深々か、事前の勉強をしっかりとしている人や施設でなければ、理解できない可能性が高いのです。

従い、Aという基本事項を学ぶ勉強会をオファーし
『現在のスタンダードはこれです。』と伝えて
多くのスタッフに知識を提供することが必要になります。

とまぁ、本来の流れですね。
昨日、面談した方は、施設の偉い方だったのです。
面談中に
「勉強会を依頼したいんだけど、うちのスタンダードに
合わせておこなってください。」
と言われました。

私の頭の中は『???』でした。

事前に資料を提供して、お渡ししてあるので
こちらのスタンダードは業界のガイドラインに添って
内容を披露しているということは理解していたはずです。

私としては、
『こちらが行える勉強会は、お手元にある資料の通りです。
それぞれの施設のスタンダードは、業界のスタンダードと
かけ離れているので、個々に合わせることは出来ません。
また、嘘を勉強会に入れるわけには行かないので
そちらの内容の通りに行うことが必要であるのならば、
ご期待には添えず、お断りをせざるを得ません。』
と回答しました。

その偉い方は、「じゃぁ、依頼できないわね。」
『そうですね。難しいですね。』

という形になり、【No Deal】となりました。

面談しないと雰囲気はわかりませんから、
【時間のムダ】とまでは言いませんが、
電話でも済みそうな内容でした。

顧客との関係は、常に【Win-Win】
若しくは、【No Deal】でなければいけないですね。

20161109_kamiawanai

この件、地元のサポートチームのヘルプを借りていたのですが、
その担当の方も理解しておらず、
何をどのようにして、資料を渡したのかが、結局不明のままでした。

ムダではありませんが、
【久しぶりに会話が嚙み合わない】
ということを実感しました。(笑)

決断するということは、引き返さずに前進あるのみです。

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
エニアグラムで自分を知りましょう。
そして、相手の考えが理解できれば、
信頼関係が生まれますね。
http://www.eniamaster9.net/1/workshop.pdf
――――――――――――――――
二つ目の収入源を探してみましょう。
まずは、無料からスタート
http://fukuyama-syo.com/pdvv
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
自分自身の可能性は無限大です。
⇒ http://fukuyama-syo.com/60bt
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする