夢への軌跡_大企業病とは・・・

20161102_大企業病とは・・・

【大企業病とは・・・】

励みになります。応援をお願いいたします。

社長ブログ ブログランキングへ

おはようございます。

今日は自宅からです。
千葉に戻ってきました。

昨日、仙台から東京へとんぼ返りして、
どなたも知っている大企業へ訪問し
商談をしてきました。

「どうしてもこの日じゃないとダメ」という
先方の言い分に合わせて、訪問しました。
私としては、東北出張をとんぼ返りするのは
少し、もったいない気がしたのですが、
『お客様は神様です。』ので
仕方ありません。
そこで、相手方3名とこちら側2名で開始しました。

さて、今日のお題は【大企業病とは・・・】です。
御多分に漏れず、弊社も米国本社の大企業です。
日本では「ちっちゃ。名前も知らないわ。」という
人が多いと思います。

そんな、日本ではちっちゃい企業でも
日本の大企業に相談を持ち掛けました。
内容的に言うと、『不具合がその企業のあちらこちらの
部署から届くので意味合いを説明してほしい。』
ということであったのですが、
案の定、中の人にもわからないということが発覚し、
お客様の大企業のマニュアルを確認しました。

はっきり言って、凄い【セクショナリズム】でした。
物流関連に至っては、入荷の管理は〇〇、
製品出荷後の担当は△△という部署の管轄になるので
△△部署からの不具合については、
「メーカー責ではない」ということでした。

ましてや、面談者3人は、それぞれ、違う部署であり、
3人の話をつなげないと、モノの流れがわからないという
状況でした。

ちっちゃい企業である弊社も
米国に行ってしまうと、何を扱っているのかが
わからないという状況になり、
誰が窓口なのかは意味不明ということもしばしば。

『これって、本当に顧客目線なの?』って
思わず、問い合わせてしまったくらいでした。
これも一つの大企業病ですね。

20161102_daikigyou

隣の人が何をやっているか、わからないという
自分の仕事だけ終わらせれば、それでOKという感覚が
生まれてしまうのも致し方ないと感じました。

私は営業である以上、顧客目線で話をしていくことを
念頭に置いていますが、
社内で会議をすると、株主目線の管理職の方が多く
閉口することもあります。

ビジネスとしての成長は大事ですけど、
ムリ・ムダ・ムラのある組織には
『・・・』となりますね。

このような現状を打破して、
前に進みたいと思いました。

決断するということは、引き返さずに前進あるのみです。

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
二つ目の収入源を探してみましょう。
まずは、無料からスタート
http://fukuyama-syo.com/pdvv
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
自分自身の可能性は無限大です。
⇒ http://fukuyama-syo.com/60bt
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする