夢への軌跡_副業に対する考え方

20161019_副業に対する考え方

励みになります。応援をお願いいたします。

社長ブログ ブログランキングへ

【副業に対する考え方】

おはようございます。

週の真ん中、水曜日です。
週末まであと少し、なんとか乗り切っていきましょう。
私は、今日、健康診断です。
胃カメラが最大の難関だと感じています。(笑)

さて、ロート製薬が
「社外チャレンジワーク(兼業)制度」や
「社内ダブルジョブ(兼務)制度」
の発表をしてから半年経過し、副業という言葉が
表に出てくるようになりました。

そもそも【副業・サイドビジネス】の定義は何でしょうか?

各企業の就業規則内に記載されている
『就業時間外に他の企業などに従事し、収入を得ること』
を定義としています。

しかし、どうも法律上では、異なるようです。
法律上では、「就業時間外に何をしても良い」と
なっており、
もしも、仮に、裁判沙汰になったとしても、
円満解決とはならないかもしれませんが、
「敗訴」とはならないようです。

就業規則より、労働法や憲法が上位概念となるので
当然と言えば、当然ですね。

さて、今日のお題は、【副業に対する考え方】です。
やっと、本題です。
前述のロート製薬の場合、
「社外チャレンジワーク(兼業)制度」は
社外で活動し、収益を得る方法ですね。
正しく、副業・サイドビジネスとなります。

また、「社内ダブルジョブ(兼務)制度」は
他部署のお仕事を手伝って、スキルアップや
キャリアアップの勉強をする機会と称しています。

どちらも、ロート製薬社員からの要望で
会社としては、『多様性』のある社員を育成したいという
目論見があるようです。

ロート製薬と言えば、【目薬】が目立つ製品となりますが、
現在では、スキンケア製品やフードビジネスにも
ビジネス展開をしています。

会社名は【薬剤製造メーカー】ですが、
内容は多岐に渡り、『多様性』が求められる時代と
考えられますね。

また、副業によって得た人脈を本業で利用したり、
知識や経験を本業に活かしてほしいという狙いもあるようです。

まだまだ、このような企業は少ないですが、
企業の生き残りをかけて
社員の成長を求めるのであれば、
このような【副業に対する考え方】も多くなると予想できます。

因みに、リクルート、日産、富士通、花王など
大手企業も副業OKです。
理由は、『優秀な人財を確保する』という命題があります。

特にリクルートは、独立する人が多くいらっしゃるので
社内での育成が大きく寄与しているとも言えますね。

一方で、働きづめの状況から、『病気』を発症する場合も
(マスコミで話題になっているD社さん)
否定できません。

自分にとっての『ゴールが何なのか?』
今一度、確認したいですね。
既に他責の文化からの脱却を図らないと
誰も自分(家族)の命、生活を守ってはくれませんね。
20161019_hukugyo

決断するということは、引き返さずに前進あるのみです。

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
二つ目の収入源を探してみましょう。
まずは、無料からスタート
http://fukuyama-syo.com/pdvv
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
自分自身の可能性は無限大です。
⇒ http://fukuyama-syo.com/60bt
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする