夢への軌跡_動と静の使い分け

20180316_動と静の使い分け

==============================

励みになります。

クリックして応援してくださいね。

社長ブログ ブログランキングへ

http://blog.with2.net/link.php?1840281

==============================

【動と静の使い分け】

おはようございます。

やっと金曜日ですね。

私は、明日もお仕事なので

土曜日出勤となります。(笑)

これも期待されている証拠と

理解して精進します。

しっかりとコントロールして

体調管理をしていきたいと思います。

ですが、限界を感じることもしばしば。

それを察するのは、自分ですね。

誰も、その辺は理解してもらえません。

ということは、

あくまでも自己判断ですね。

自分の中での優先順位を決定して

体調と仕事のバランス良く

しっかりと考えていきたいですね。

ということで、今日のお題は、

【動と静の使い分け】です。

何事もがむしゃらに進めば

解決していた時代は、過ぎ去りました。

もちろん、一生懸命やれば、

その成果は得られるでしょう。

しかし、やりすぎて病気になってしまう

人も少なくありません。

私の周りにも、頑張りすぎちゃって

翌日、「抜け殻」なんてこともあります。

「抜け殻」では、次の仕事に

影響があるので、ある程度で

ブレーキを掛けますね。

ですから、動と静が必要だと考えています。

日頃、自分の営業活動を見ていても

『うーん。今日は、やりすぎ!

 疲れたぁ!』

というセリフが出てくると

ブレーキをかけるようにしています。

本当は、100の力で活動できますが、

60くらいで、活動します。

でないと、脱力感が強く、

次の仕事に行くことすらできない

状況に陥りますね。

私は、『手抜き』ではなく、

『動と静』をうまく使いこなします。

アポイントがなければ、静の仕事をしっかりと。

動の仕事は標準化して、抜け落ちのないように。

アップアップの状態の時には、サポートを。

というように、上手にこなします。

体あってのお仕事ですし、

健康であるからこそ、活動できます。

それは、心身ともにですね。

実は、かなり親しく仕事をしていた人が

病気になりました。

どうも、仕事量が多く、

「うつ状態」になったようです。

結局、発症すると、自分を責めることが多く

顧客相手の仕事には戻ってくることが

できないようです。

次は、内勤とのこと。

考えさせられますね。

自分の生活を優先に。

仕事オンリーでは、

人生が楽しくないですよね。

限りある人生です。

楽しんでなんぼではないかなぁ

と考えています。

私は、教育が大好きです。

小粒ちゃんに英語を教えることも、

これから、収入を得ていきたいと考えている

社会人にFXを教えることも。

そもそも、教えることによって

自分も成長できますね。

昨日のポジションです。

どこで利確するかは秘密です。

(笑)

============================

少しでも前向きになれたなぁと

感じたら、

クリックして応援してくださいね。

社長ブログ ブログランキングへ

http://blog.with2.net/link.php?1840281

==============================

今を悔いなく。常に100%で。

今日も一日、頑張っていきましょう。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――― 

決断するということは、

引き返さずに前進あるのみです。

毎日が成長であり、

昨日の自分より今日の自分が

成長しているはずなのです。

常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

#FX

――――――――――――――――

【FXの学習】

学びの一歩はこちらです。

誰でも参加でき、利幅も大きいですね。

これをビジネスとして捉えれば、

教えることも可能です。

共に学んでみませんか?

http://fukuyama-syo.com/drafx

こちらから購入していただいた方に

特別に、福山 紫生の勝ち逃げレポートを

お渡しいたします。

購入後、購入実績をお知らせください。

PDFにて送信します。

――――――――――――――――

いつも、「いいね」と「コメント」を

ありがとうございます。

************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

最初はここです。申し込みは簡単です。免許証とマイナンバーが必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする