夢への軌跡_亀からの教育_往生際が悪い

20161002_亀からの教育_往生際が悪い

【亀からの教育_往生際が悪い】kame

おはようございます。
昨日土曜日のお父さんは、朝からのあいにくの天気であったので
残務整理をし、パソコンと格闘していました。
すると、娘から、読書感想文の問い合わせが。。。

私は、非常に本を読むのは早いんです。
ある意味、特技のように感じていますが、
それを知っている娘は、私を頼りにするのです。(笑)

あまり、長い本は時間がかかるので好きではありません。
というより、『なぜ、お父さんが読むんだ?』という気持ちでした。
数十ページくらいであれば、30分はかからないので
少し、お手伝いをしました。

では、今日のお題は、【亀からの教育_往生際が悪い】です。
亀が登場する内容のものは、それほど多くはないので
うすうす、感じている方もわかると思います。
言わずもがな、【浦島太郎】です。

しかし、今回は、太宰治のお伽草紙の【浦島さん】です。
なかなか、内容が凝っていて面白かったというのが印象です。

特に日本語は難しい。
場面的には、亀が太郎を背中に乗せるので、『腰かけなさい』と
いうのですが、なかなか、決断できない太郎は、
亀の説得に負けて、「では、腰かけてみるか」と
上から目線で答えたのです。

すると、亀は
『腰かけてみるのも腰かけるのも、結果においては同じじゃないか。
疑いながら、試しに右に曲がるのも、信じて断乎として右へ曲がるのも
その運命は同じことです。
どっちにしたって、引き返すことは出来ないんだ。試みたとたんに、
あなたの運命がちゃんと決められてしまうのだ。
人生には試みなんて、存在しないんだ。やってみるのは、やったのと同じだ。
実にあなたたちは、往生際が悪い。引き返す事ができるものだと思っている。』
引用 お伽草紙 太宰治 浦島さんより

実に奥深い内容ですね。
亀に教えてもらいました。というより、太宰治ですね。

決断するということは、引き返さずに前進あるのみです。

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
一生、サラリーマンで終わっても
定年後には新たな労働が待っています。
今のうちに勉強して飛躍しましょう。
⇒ http://fukuyama-syo.com/tcq1
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
自分自身の可能性を自分で閉ざしちゃう。
あなたの可能性試してみませんか?
⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする