夢への軌跡_インサイドアウトについて

20160929_インサイドアウトについて

【インサイドアウトについて】

おはようございます。
木曜日です。今日から東北出張です。
予想では1泊2日で1700キロかなぁと
少し、緊張しています。

慣れているとは言え、
本業は運転手ではないので、
移動で事故を起こしても仕方ありません。

予定では八戸終了17時。
ということはそこから7時間なので
土曜日のシンデレラタイムに帰還するはず。
たぶん。
どこかで疲れたら寝てきます。(笑)

さて、今日のお題は【インサイドアウトについて】です。
基礎原則という哲学の分野があり、
まずは、逆らえない内容を学びましょうということです。

例えば、手にもったリンゴに
『落ちるな』という命令を下しても
手を離せば、間違いなく、落ちます。
これは、私たちの意図とは関係なく、落ちるわけです。
ですから、原則です。

それと同様に、外部からの圧力に負けて
何か事を為そうとしても、
どこかに不自然な感覚が残り、
抵抗してしまうことがあります。
それが、【抑止力】です。

いくら【駆動力】を上げても、
【抑止力】があるので、なかなか前には進まず、
ブレーキを踏んでアクセルを踏むという現象と同じです。

人間にも、同様な考えが潜んでいます。
【リエンジニアリング】と言っても、
それぞれの人の心の中から、本当に、『それを良し』と
しない限りは、【抑止力】が発生します。

従い、【アウトサイドイン】という方法では、
外部から力を加えて、事を為そうとすることは
【抑止力】が発生してしまい、
偶然以上の確率で成功はしないと言えるわけです。

それぞれの人の心の中から、『何かをしよう。』と
思ったときは、【インサイドアウト】です。
企業が組織改革を行う前に、
残った人に、夢を語り、将来あるべき姿をイメージさせて
心の中からそうなりたいと感じさせることで
【リエンジニアリング】は成功するわけです。

その方法は、【インサイドアウト】となります。
コンサルティングの人たちがいくら、
戦略や組織改革を行ったとしても
所属する人、一人一人に伝わらなければ、
【抑止力】が生まれ、成功しなくなってしまいます。

非常に高額な費用を負担しているにも関わらず。。。

逆に言えば、『自ら欲したもの』が
本当に必要であると認識した際に
体が動き、前進することで、獲得可能なものとなりますね。

これが、【インサイドアウト】ですね。
20160929_mothertetote

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
一生、サラリーマンで終わっても
定年後には新たな労働が待っています。
今のうちに勉強して飛躍しましょう。
http://fukuyama-syo.com/tcq1
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
自分自身の可能性を自分で閉ざしちゃう。
あなたの可能性試してみませんか?
⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする