夢への軌跡_社会の鏡は私?

20160924_社会の鏡はお父さん?

【社会の鏡はお父さん?】

おはようございます。
さぁ、今日は土曜日です。
私は今日も仕事です。(笑)
今日のお仕事場は盛岡です。
余談ですが、岩手県は大きいです。
全国2位の面積を有しています。
四国とほぼ同じ面積です。

しかし、四国4県と比較して
人口は3分の1です。
ゆったりとした県ですね。

さて、今日のお題は【社会の鏡はお父さん?】です。
お父さんである私は、色々なことで苦労しています。(笑)

先日、投稿した宿題や子供のメンタルや、
通常のお仕事での宿題や営業などなど。
本当に、たくさんのTODOが盛りだくさんです。

今日のように出張していると、
毎晩、娘に電話を入れます。
『どした?元気か?』
すると、「うん、元気だよ。」と
大人しげに回答が戻ってきました。
20160924_onnanokonaku
すると、隣で我が嫁(お母さん)が
<いつまでたっても明日の試験の英単語ができないの。
もう、いつまでやっているのよ。>
と罵声が飛んできました。
→ 我が家の恥なのでこの辺で終わりにします。

『どした? できないの?』と娘に確認すると、
「だって、わかんないんだもん。」とのこと。
『ほいじゃぁ、早く寝なよ。明日朝、やれば良いじゃん。
無駄な時間だよ。』
「うん。」
『前回、満点だったから、きっとできるよ。頑張って。』
「うん。」
すると、我が嫁(お母さん)が
<%$#&”#$%’=-+*%&$#+*$%&>
と訳のわからんことを言っているので
『頑張ってね。ほいじゃぁ、明日ね。きっとできるようになるよ。』
と言って、電話を切りました。

言わずもがな、我が嫁(お母さん)は罵声を娘に浴びせていました。(悲)

そこで、考えたのが【社会の鏡】です。
自分がどう思おうと、
娘はお父さんから『きっとできる!』と
暗示をかけられているのです。
言われた娘は、「うん。」と言ってはいましたが、
「私はできるんだ。」と暗示をかけられているのです。
「お父さんから信じられているんだ。」
と誤解かもしれない暗示が届いているのです。

昨日の投稿では、私の実母に
『いつからだって勉強は始められるよ。
刺激があるのなら、始めるべきだよ。』
と言い続けたから変化したのだと思います。

これが、【社会の鏡】ですね。

ある意味、社会貢献だと思っています。
誰でもやる気になれば何でもできます。

【やってやれないことはない。
やらずにできるわけがない。】

そのために、周りが応援してあげれば、
その人にも変化が起きるはずです。

因みに
【暗示】を英訳すると「suggestion」、
「suggestion」は和訳すると【提案】となります。
ですから、【提案は暗示の始まりなのです】ね。

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
一生、サラリーマンで終わっても
定年後には新たな労働が待っています。
今のうちに勉強して飛躍しましょう。
http://fukuyama-syo.com/tcq1
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
自分自身の可能性を自分で閉ざしちゃう。
あなたの可能性試してみませんか?
⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする