夢への軌跡_V・A・K を利用する_その2

20160917_V・A・K を利用する_その2

【V・A・K を利用する_その2】

おはようございます。
土曜日もお仕事の私です。
終わってから帰路が、大変だなぁと感じますが、
無事故無違反で移動します。
20160711_tuiteru
さて、今日のお題は
昨日のテーマと同様です。
難しいというコメントを頂戴したので
私なりに再度、解釈をして投稿します。
【V・A・K を利用する_その2】です。

そもそも、私たちは利き感覚というものがあり、
知らず知らずに癖が備わっています。
利き腕ということと同じです。

物事を判断するときに
【見る】、【聞く】、【感じる】
のどれかが多く影響しています。

それは、人それぞれ、異なります。

その癖を見つけるために、
自分がどのタイプかを理解する必要があるのです。
「知らなくても良い」という方は別にして。

自分の利き感覚が何かで判明した際に
どれに偏って判断しているかがわかります。
【目】、【耳】、【触】のどれかですね。

例えば、言葉使いでも、【見る】という判断をする人は、
【見る】【映す】【眺める】【描く】【想像する】【明らかにする】
というような言葉が、
目が中心となった表現が非常に多くなります。
そのような人を【V】=【Visual】となります。

同じような感覚を持つ人を集めると居心地が良いということとなります。
恐らく、周りの人で仲の良い人は、同感覚の人が多いと思います。

そのような事を知って
顧客対応をしましょうというのが
【利き感覚】を理解すると、
わかりやすいと言えますね。

心理学の一つですので
逆に、利用されている可能性もあります。

セールスレターには、万人にウケが良いように
この利き感覚3つを含んでいる場合が多いように感じます。

面白いですね。
自分は気分良く、モノを購入しているのに
知らず知らずのうちに、
「買わされている」ということもあるかもしれませんね。

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
一生、サラリーマンで終わっても
定年後には新たな労働が待っています。
今のうちに勉強して飛躍しましょう。
http://fukuyama-syo.com/tcq1
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
自分自身の可能性を自分で閉ざしちゃう。
あなたの可能性試してみませんか?
⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする