夢への軌跡_V・A・K を利用する

20160916_V・A・K を利用する

【V・A・K を利用する】

おはようございます。
今日は金曜日ですね。
週末と思いきや、私は明日の仕事です。残念。
ましてや、仙台まで動いてきました。
明日は更に北上です。(笑)
『この仕事、やっぱり、きついなぁ。』と感じる
今日この頃です。

さて、今日のお題は
【V・A・K を利用する】です。

昨日は、【V・A・K 】について確認しました。
今回は、それをどのように利用するかですね。

顧客とのコミュニケーションで
あくまでも、業務上ですが、
暗礁に乗り上げた場合、顧客(相手)と自分の相性が
全く、合わない場合ってありますよね。

こちらとしては、『ここまで要求しているんだけど・・・』
返答は、「とんちんかん」
という場合や、
クレームなどの対応でいくら丁重に対応しても
『あれ、なんか、ダメかな?』
と思う時ってあると思います。

はっきり言って、
相手との波長が合っていないのですね。
V=V・A=A・K=K
と居心地の良い空間があるようです。

法人として、顧客への対応で問題が発生した場合、
自分が相手を分析して、V・A・K のどれに当てはまるか
確認して、それに合う上司を同行したら、完璧だと思います。

そこで、社内で管理職と呼ばれる方々のタイプを
公表してもらうよう伝えました。

【この顧客には、この管理職】という図式が成り立てば、
顧客のクレームは同じタイプの管理職が訪問すれば、
恐らく、一発で解決するはず。ですけど。。。

やってみないことには、わかりませんね。
その管理職の実力もありますから。

一応、タイプ別の公表をリクエストしました。(笑)
20160827_shimanami

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
一生、サラリーマンで終わっても
定年後には新たな労働が待っています。
今のうちに勉強して飛躍しましょう。
http://fukuyama-syo.com/tcq1
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
自分自身の可能性を自分で閉ざしちゃう。
あなたの可能性試してみませんか?
⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする