夢への軌跡_サブモダリティとなる V・A・K

20160915_サブモダリティとなる V・A・K

【サブモダリティとなる V・A・K】

おはようございます。
やっと、後半に差し掛かりましたね。
木曜日です。もう少しで週末という思いで
残りを頑張っていきましょう。
あいにく、関東は曇り空ですね。

さて、今日のお題は
【サブモダリティとなる V・A・K】です。
20160915_vak
人間は、人と人とのコミュニケーションで
相性が良い悪いの判断を概ね
【サブモダリティ】と言われる要素で判断しています。

【サブモダリティ】とは、NLP用語で【従属要素】と言います。
【NLP】とは【Neuro Linguistic Program】の略で
【神経言語プログラム】と言います。

要は人間誰しも、反応するときに
同じような行動をするということをプログラム化したものです。
簡単に言えば。間違っていたらごめんなさい。<(_ _)>

その副節で【サブモダリティ】という要素があり
その反応、もしくは、反応の仕方を理解すると
自分がどの傾向にあるのか、また、相手はどうなのか
ということが理解でき、どこに重きを置いているのかが
わかります。

V visual      視感覚
A auditory     聴感覚
K kinesthetic    体感覚
に分かれます。

自分がどこに属しているかを確認するには
こちらでどうぞ。
⇒ http://www.nlpjapan.co.jp/visual.html

私は、論理的にイメージして考え事をするときに
手が口や鼻を触る癖があるようです。

因みに我が家では、実際に実験したわけではありませんが、
嫁はV、娘はK、私がAとなり、
それぞれが、異なる理解の仕方をしています。

属性が同じであると居心地が良いとなるのですが、
我が家ではそれぞれが、『居心地が悪い』と
なりそうです。

怖いですね。

物の説明をするときに、早い=V、中間=A、遅い=K
となり、嫁の理解度の速さに悩まされ、
娘の理解度の遅さにも悩まされと
間に入ったお父さんである私は、板挟み状態という
面白い構図です。

しかしながら、これを理解しておくと
相手への理解が深まるため、
営業上では、相手に合わせて説明することで
距離感が縮まり、好印象を与えるテクニックにもなりますね。

私もこれから、更新するときに注意したいと思います。
毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
一生、サラリーマンで終わっても
定年後には新たな労働が待っています。
今のうちに勉強して飛躍しましょう。
http://fukuyama-syo.com/tcq1
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
自分自身の可能性を自分で閉ざしちゃう。
あなたの可能性試してみませんか?
⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする