夢への軌跡_感情の起伏と車の運転

20160910_感情の起伏と車の運転

【感情の起伏と車の運転】

おはようございます。

今日は土曜日ですね。
出張が終了し、自宅に到着しています。
3泊4日で1700キロ。我ながら「凄い」と感じました。
今日は車両メンテナンスです。タイヤが。。。溝無し。やばい。
ということで、持っていきます。
更に、3か月ぶりに健康診断および血液検査です。
糖質制限の結果は如何に。それはまた、明日です。

さて、今日のお題は、【感情の起伏と車の運転】です。
私のスケジュールはご存じの通り、
動きが激しいですね。
愛車プリウスも悲鳴を上げているのではないでしょうか?
社用車なので、個人的には負担はありませんけど。

あちらこちらと、東北地方に出没していますが、
運転の荒い方や、安全運転を意識し過ぎてしまい
波に乗れない方も多く見かけます。

中には、ここぞとばかりに、凄い勢いで突っ走ってくる
車両もありといろいろな性格を車両で拝見することがあります。

良く、「運転には性格がでる。」と言われますが、
感情のコントロールができないと、命を奪いかねないので
十分な注意が必要ですね。

過去にも、同じようなことを投稿したのですが、
(過去記事はこちらです。)
⇒ http://ameblo.jp/fukuyamashow/entry-12186360321.html
【刺激と反応】の間には【スペース】がある。
ということです。

『どう反応しようが、自分の選択である。』ということです。
クルマを運転していて、抜かされて、カッとなる人もいれば、
平然とやり過ごす人もいます。

『刺激が重要ではなく、自分の反応が重要である。』ということです。
私は車中、オーディオブックを聴いているので
後ろから速いクルマがくると『はやっ!』で終わることが多いのですが、
中には、即座にスピードを上げて抜かされないようにする
クルマもあります。
そのうち、見えなくなりますけど。。。

20160910_kuruma
しばらく経って、前に赤いパトライトが見えてくるのですね。
スピード違反で捕まってしまいました。(涙)
高速道路では、なかなか、20キロオーバーくらいでは
取り締まらないので、お高い反則金を支払うこととなりますね。

それも、覆面パトは1台しか、捕まえないのです。
捕まえられないというのが本音なのですが。。。
これが、道路交通法の面白いところで、
「警察は交通違反をしている車両を捕まえることができる。」
とは記載されているのですが、
「捕まえなくてはならない。」とは記載されていません。

従い、違反をしている車両を「見逃しても良い。」という
かなり、柔らかい事情なのです。
例えば、自分が捕まってしまって
『前の車の方が速かったんだから、あっちを先に捕まえるべきでしょ。』
と言っても、
警察にしてみると、「あなたの車両を取り締まりました。」
で、終わってしまうんですね。

気を付けないと。

ところで、話をもとに戻して、
【刺激と反応】の間の【スペース】とうまく
付き合うようになれると、
常に冷静に物事を見ることができます。

ぐっとこらえて、ワンテンポ置くと、
冷静になって、次の手段が思い浮かびます。
お試しください。

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
一生、サラリーマンで終わっても
定年後には新たな労働が待っています。
今のうちに勉強して飛躍しましょう。
⇒ http://fukuyama-syo.com/tcq1
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
自分自身の可能性を自分で閉ざしちゃう。
あなたの可能性試してみませんか?
⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする