夢への軌跡_スマートの法則(SMART)

20160907_スマートの法則(SMART)

【スマートの法則(SMART)】

おはようございます。

週の真ん中、水曜日。
今日は、岩手県南部に出没しています。
昼前からまたまた、北上します。
昨日は、570キロ走行で、ぼちぼち、腰痛持ちの私には
長距離が厳しくなってきたかなぁと感じます。

また、台風ですね。
ちょうど、帰京するときに台風と遭遇しそうです。
延泊かもしれませんね。

では、今日のお題は、【スマートの法則(SMART)】です。
ご存知の方も多いと思います。
20160907_suma-to
アメリカの経営コンサルタントのブライアン・トレーシーが
提唱した目標設定の際に使用する法則です。

一つずつ、簡単に紐解いていきます。
【S】 specific    → 具体的に
内容に具体性を追加して、何をどうするのかを明確に。
【M】 measurable  → 計測可能な
数字で確認できるように。
【A】 agreed upon  → 納得のできる/同意している
自分で納得し、同意している
【R】 realistic    → 現実的な
実現可能な、または、継続的に可能な
【T】 timely    → 期限が明確である
しっかりと期限を設けている

私の糖質制限を例にとると
【S】 specific    → 炭水化物を避けます。
【M】 measurable  → 糖質摂取量を1日50gに抑えます。
【A】 agreed upon  → 私が納得しています。死んじゃうかもしれないから。
【R】 realistic    → 継続的に既に半年経過
【T】 timely    → とりあえず、2016年の1年間は続けます。

結果、
血糖値は153から111へ
HbA1cは7.3から6.2へ
体重は76㎏から66㎏へ
これは、6月末現在で、半年経過の数字です。
http://ameblo.jp/fukuyamashow/entry-12172135006.html

私は個人的には非常に喜んでいます。
ウェストも5㎝くらい、縮みました。

さて、本当はこのように目標を設定することが望ましいのですが、
企業が成長する際に営業に求める目標数字は、
このように考えられているのでしょうか?

【インサイドアウト】は個人の判断で自分から変化を求め、
【エンパワーメント】を利用できる状態になりますね。

しかしながら、【Credo】のない企業は
数字を追い求めるがあまり、
失ってしまう 【measurable】 という計測観点
【agreed upon】 という納得感が消えてしまいますね。

残されるのは、旧マネージャと呼ばれる人が
大好きな【根性論】です。

【根性】で何でも解決してしまう企業は困りますね。
もっと、冷静に判断してほしいものです。

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
一生、サラリーマンで終わっても
定年後には新たな労働が待っています。
今のうちに勉強して飛躍しましょう。
http://fukuyama-syo.com/tcq1
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
自分自身の可能性を自分で閉ざしちゃう。
あなたの可能性試してみませんか?
⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする