夢への軌跡_エンパワーメントと待ったなし

20160906_エンパワーメントと待ったなし

【エンパワーメントと待ったなし】

おはようございます。

今日は火曜日ですね。
今日からまた出張族になる私です。

関東から青森まで、ちょっとドライブという距離では
ありませんが、真剣に顧客対応を行いたいと思います。

さて、今日のお題は、【エンパワーメントと待ったなし】です。
昨日、【インサイドアウト】について
リッツ・カールトンホテルを例にとって説明しましたが、
我が業界でも同様です。

医療と言う人の命を預かる製品を販売していると
どうしても、顧客目線で話をし過ぎてしまうことがあります。

顧客とは、病院と患者の二者がいます。

取り扱いについて十分な説明を行わないと
良い製品でも患者への負担が大きくなってしまうことがあります。

従い、私の考え方としては
「大きな顧客であるから重要視する」ということも考えながら
「人の命は平等である」と考えています。

営業である以上、数字を追いかけるのは必須ですが、
数字を追い求めるがあまり、医療事故が起きてはいけません。
ましてや、人の命を預かる ≪端くれ≫ としても。

業界では、取り扱い方法について【手技】と言います。
その【手技】をしっかり伝えて、安全に使用してもらうことが
私のお仕事となります。

では、【エンパワーメント】とは、Credoに従い、
顧客満足度を向上させる【統一性】となります。

瞬時に顧客の要望を理解し、それを Credo に基づき
顧客を満足させることを意味します。

利益を追い求めてしまうと、Credo と反することが多く発生します。
十分な注意が必要ですね。

また、しっかりとした Credo がある場合、指針となる目標ができますが、
Credo が明確に明示されていない場合、従業員は路頭に迷いますね。

でも、医療業界では、路頭に迷っている暇なし、
【待ったなし】なのです。
患者がそこで待っているからなのです。

Credo がその企業に存在していようがなかろうが、【待ったなし】です。

現場で、営業担当者が、自分にしっかりと問いかけ、
Credo に従っているかどうか確認し、また、今後を予想して行動します。
(残念ながら、私の所属する企業には、明確な Credo は存在しません。)

私も、昨日、同様事例に遭遇しました。
先週、ある関係者から、
「月曜日に患者が入るから、準備しておいてください。」
との連絡が入り、時間通りに訪問しました。

だいたい、このような場合、長居になることは想定内でしたので
次のアポイントを外し、長居に備えました。

14時に訪問、 「これから、入院なので説明会は15時から。」
15時に訪問、 「15分でとりあえず手技を教えて。」
終了後、「17時から、座学の説明会を行って。」
と、予想通りの結果となりました。

私はそこの施設に約4時間の缶詰となりました。
しかし、これで、そこの施設では、
手技に心配なく製品を使用してもらえることとなり、
施設内に安堵感が表れてきます。

Credo に従い、経験に基づいた予想は、【エンパワーメント】
そして、【待ったなし】の感覚は、顧客満足度を向上させるであろう
と実感しました。

終了後、関係者より、労いの言葉を頂戴しました。
「急なお願いだったのに、ありがとうございます。」
『いえいえ、現場が困らないように最善策を取ったまでです。』

毎日がこのようなお仕事であれば、うれしいですね。

20160730_balance

毎日が成長であり、
昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。
ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――
一生、サラリーマンで終わっても
定年後には新たな労働が待っています。
今のうちに勉強して飛躍しましょう。
http://fukuyama-syo.com/tcq1
――――――――――――――――
やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。
自分自身の可能性を自分で閉ざしちゃう。
あなたの可能性試してみませんか?
⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw
――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。
お気軽に友達リクエストをお待ちしております。
https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。
http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。
よろしければ、応援をお願いいたします。
http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする