夢への軌跡_顧客との目線

20160820_顧客との目線

【顧客との目線】

おはようございます。

今日は自宅からです。

昨日、盛岡での仕事を終え、

約560キロ走破し、無事に戻ってきました。

警察のお世話にもならずに。

これも皆さんに感謝ですね。

さて、今日のお題は【顧客との目線】です。

昨日、我が社の顧客であるN社へ訪問し、

今後の展望を含め、色々事情をインタビューしました。

内容的には、100%の出来なのですが、

心配事はいくつか発生しました。

我が業界では、使用するのは病と闘っている患者さん。

購入するのは、地方の代理店さん。

その先は病院が購入。

という複雑な図式になっています。

製品を紹介するのはその病院の医師など。

売上の回収は、地方の代理店さん。

製品のメリットを伝えるのは医師や医療従事者であり、

使用されるのは患者さん。

患者さんは保険という大義のもと、

国が70%負担。個人負担は30%。

でも、優れた器材の選択は、医療従事者となります。

もし、仮に自分が患者であれば、さらに意識があれば、

自社製品を使用してもらうよう伝えますが、

意識がない場合、選択の余地はありません。

安全に使用してもらうための目線を

患者レベルまで落として、

私は、医師や医療従事者へ説明しています。

既に長い年月、販売を継続している製品なので

既知という前提であれば、問題はありませんが、

なかなか、理解されていないことも多く、

徹底した説明会が必要となります。

しかしながら、医療従事者としては、

「今まで使ってきたから大丈夫。」

という回答も少なくなく、

「これ不具合品じゃないの?」

という問い合わせも多いのが事実です。

【顧客との目線】が一致していれば、

このようなことにはならないとは思いますが、

メーカー側は ≪患者目線≫ であり、

医療従事者側は ≪購入者目線≫ であることは

否定できない世の中に疑問を感じています。
20160820_mesen

製品が登場した15年以上前は、

メーカーの説明会なくして、使用には至らなかったのですが、

現在は、普及している消耗品との認識が強いためか

患者目線での会話ができないのが辛いですね。

ということは、自分が患者になったときには

しっかりと、理解しておかないと

まずいことになりかねない可能性を秘めている

と言わざるをえないのが現実なのかもしれませんね。

毎日が成長であり、

昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――――

やっぱり ≪思い込み≫ っていけませんね。

自分自身の可能性を自分で閉ざしちゃう。

あなたの可能性試してみませんか?

⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw

――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。

お気軽に友達リクエストをお待ちしております。

https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。

http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。

よろしければ、応援をお願いいたします。

http://fukuyama-syo.com/5mrd

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする