夢への軌跡_医療機器営業の面白さ

20170421_医療機器営業の面白さ

 

==============================

励みになります。

クリックして応援してくださいね。

社長ブログ ブログランキングへ
http://blog.with2.net/link.php?1840281

==============================

 

 

 

【医療機器営業の面白さ】

 

週末がやってきました。

 

お父さんは、頑張るのです。(笑)

この業界(医療)で働かせてもらうこと

20年以上です。

 

いろいろなことがありました。

一気に製品をなじる人。

使えないと騒ぐ人

そんなの常識じゃないと否定する人

などなど。

 

しかし、

現代社会の医療では既に標準化された

製品となり、ある学会でも推奨品として

掲載されるほどとなりました。

 

本当に皆さんのおかげですね。

20年前は、誰も見向きもせず、

そして、今では、価格競争に巻き込まれ

最先端であった製品もぼちぼち

終焉を迎えようとしていると感じています。

 

企業としては、新たな製品を導入し

製品のライフサイクルを理解して

経営を担うべき状況を10年前くらいから

始めるべきだと思います。

 

ということで、

今日のお題は、

【医療機器営業の面白さ】です。

 

既存の製品では、太刀打ちできないと

判断した会社は、

全く別の製品を担当できるように

切り替えてきました。

 

その製品が、私にとっては、

非常に面白く感じました。

 

今までの●●系の製品ばかりを

扱っていたため、知識は深く

医師や看護師さんでも恐らく

私の知識に太刀打ちは出来ないでしょう。(笑)

 

しかしながら、今回の▲▲系の製品は

私も初めて、製品紹介も初めて

手技(取り扱い)には注意が必要です。

※ 医療では取り扱いのことを手技と言います。

 

今までの製品とは全く異なる手技のため、

しっかりと説明が必要になります。

 

その説明会をおこなってきました。

既に導入されている施設で

レジデントと呼ばれる医師の卵の方への

説明会となりました。

 

もちろん、実演も含んでいたため

モデルでしっかりと手技(取り扱い)を

学んでもらう必要があります。

 

その説明が面白いのです。

そして、楽しかったのが私の印象です。

 

今までにない方法で行うため

レジデントの医師の卵も食いつきます。

 

それをやらないとその施設では、

一人前にはならないのですね。

 

ですから、医師の卵も必死ですし、

質問も多く出てきました。

 

習得した医師からどんどん

その部屋を離れ、最後の医師が

退室したのは1時間後でした。

 

その間、何度も繰り返して

手技を伝え、反応は、

「面白い!

 こんな方法があったんだ!」

「これなら、予後が良くなるし、

 ◆◆炎が少なるなるはずだ!」

という言葉を頂戴しました。

 

なかなか、このような状況に到達する

機会は多くなく、私自身も面白いと

思わざるを得ない状況となりました。

貢献度の力が、医療の改善を図るのですね。

非常に良い経験をさせてもらいました。

 

 

今を悔いなく。常に100%で。

今日も一日、頑張っていきましょう。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

 

――――――――――――――― 

 

決断するということは、引き返さずに前進あるのみです。

 

毎日が成長であり、

昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

 

常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

#2017革命

――――――――――――――――

自由を求める人は読んでみましょう。

http://fukuyama-syo.com/q5y5

――――――――――――――――

勉強して損はしません。

知らないでは済まされない事実はこちらです。

http://fukuyama-syo.com/3bie

――――――――――――――――

【糖質制限】

あなたも食事で変わることができます。

メルマガで勉強しましょう。

http://fukuyama-syo.com/archives/1653

登録はこちらです。

https://maroon-ex.jp/fx23418/fx8mM1

――――――――――――――――

 

いつも、「いいね」と「コメント」を

ありがとうございます。

 

*****************************************

 

Facebookもやっています。

お気軽に友達リクエストをお待ちしております。

https://www.facebook.com/fukuyamashow

 

ホームページです。生き様公開中!

http://fukuyama-syo.com/

 

ブログランキングを始めました。

よろしければ、応援をお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?1840281

 

*****************************************

 

福山 紫生(Syo Fukuyama)

 

Follow me!

fukuyama-syo

投稿者: fukuyama-syo

はじめまして 福山紫生と申します。 千葉県松戸市生まれで 幼少期は東京都立川市で育ちました。 中学時代はサッカー部でした。 ポジションはスウィーパーという ゴールキーパー前の掃除人でした。 当時の体は170cm、80kgという サッカーにはふさわしくない体形をしており、 試合中、相手にけがをさせてしまい 救急車を呼んだこともありました。 チームメートからは「重戦車」とも呼ばれていました。 高校時代は一変し、帰宅部となり 受験勉強に勤しみました。 毎日のスケジュールをしっかりと立て 当時、テレビを見るという悪い癖を克服するために 帰宅後、18時から22時までの4時間を睡眠時間とし ゴールデンタイムにテレビをつけることもなくなりました。 22時から夕食、23時から明け方まで勉強をし、 オールナイトニッポンというラジオ番組が友達になりました。 無事、高校3年11月で早稲田大学の推薦をもらい その後は、自動車、オートバイなどの運転資格免許をとり 親の車を乗り回して、遊んでいました。 大学時代は、ミーハーサークルに所属し テニスやスキー、アルバイトに勤しみ、 勉強については、それほど、力を入れていませんでした。 早稲田大学を卒業後 株式会社ダイエーへ入社し、2年で退社しました。 ここにいても「自分らしさを出すことはできない」と 思ったからです。 その後、運送業を行い、体調を崩し、6年で廃業しました。 そして、医療器械の国内輸入商社へ入社しました。 国内医療機器の販売を行う際の2年目に ナポレオンヒルプログラムを学び、 成績優秀者として、表彰されたこともありました。 自分は順風満帆の会社員生活を送っていたと思っていました。 しかしながら、考え方が大きく変化したのは 2002年に子供が誕生したときです。 誕生時、未熟児、且つ様々な病気をもって 生まれてきた娘は3か月の入院後、退院してきました。 その間、仕事が手につかず、お休みがちになっていましたが、 会社からは「君の代わりはたくさんいる。」と告げられました。 このとき、自らが会社に貢献していないと、 「いらない」と言われてしまうんだなぁと感じました。 娘は完全治癒では、ありませんでしたが、 世話を嫁に任せ、私は日常業務に勤しみました。 娘は10年間後遺症は出ませんでしたが、 2012年に後遺症が発生し、現在も通院治療を行っています。 その後遺症が障害となり、苦しむ中、 父親としては、時間とお金のかかる 娘の治療に専念したいという思いから 挑戦し続けています。 2011年に国内商社から外資系商社へ転職し、 そして、現在に至ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA