夢への軌跡_ジェットコースター並みのバス

20170315_ジェットコースター並みのバス

==============================

励みになります。

応援していただけますようお願いいたします。

社長ブログ ブログランキングへ

http://blog.with2.net/link.php?1840281

==============================

【ジェットコースター並みのバス】

おはようございます。

今日も、ホーチミンからです。

日本でも交通事情に苦労されている

人が多いと思います。

特に都心にお住いの方は。

ところ変われば、品変わる。

とは正しく、私が今、訪問している

ベトナムです。

『これは、ありか?』

と素朴に感じたのでシェアします。

非常に物価は安く、

過ごしやすい国です。

現在、発展途上ですが、

いずれ、先進国の仲間入りをしたくて

開発に力を注いでいる国ですね。

今回は、ホーチミンと言う町に

滞在しています。

いろいろな場所へバスで誘導されるので

それに従い、同行するわけですが、

はっきり言って、『怖い!!』です。

ということで、今日のお題は

『ジェットコースター並みのバス』

です。

遊園地のジェットコースターは

アトラクションですよね?

乗った時には、安全が担保されて

ちょっとした恐怖感を

味わうようなアトラクションです。

しかし、それ以上に

勝る乗り物が「ベトナムのバス」です。

ベトナムの交通事情は

日本とは大きく異なります。

10年前は、自転車の国でしたが、

現在はバイクの国に進化しました。

いずれ、クルマの国に

変化していくことでしょう。

非常に交通ルールを守らないような

いや、交通ルールがあるのか?

と思うほどです。

バスで1時間程度乗っていると

何回、クラクションを鳴らすかは

わかりません。

ましてや、

何回、ぶつかりそうになるかも

わかりません。(笑)

バスの最後尾に乗っていると

ぶつかりそうなバイクが幾つも

あります。

故に自分の車両は自分で守る。

更に、ぶつかったら、自分で処理をする。

という文化であると思います。

凄くシンプルだと思います。

あくまでも自責の文化ですね。

救急屋はパトカーも数多く

出動していました。

恐らく、ぶつかって

運ばれているのだと思います。

生きていくためには

仕方のない感覚だと思います。

しかし、あくまでも自己責任ですよね。

他責の文化からの脱出が

ここでも生き抜くために

実践されていると感じました。

乗っている私たちは

ジェットコースター並みの

恐怖を味わいました。(笑)

今を悔いなく。常に100%で。

今日も一日、頑張っていきましょう。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――― 

決断するということは、引き返さずに前進あるのみです。

毎日が成長であり、

昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

#2017革命

――――――――――――――――

自由を求める人は読むべきです。

http://fukuyama-syo.com/q5y5

――――――――――――――――

勉強して損はしません。

知らないでは済まされない事実はこちらです。

http://fukuyama-syo.com/3bie

――――――――――――――――

【糖質制限】

あなたも食事で変わることができます。

https://maroon-ex.jp/fx23418/fx8mM1

――――――――――――――――

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。

お気軽に友達リクエストをお待ちしております。

https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページです。生き様公開中!

http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。

よろしければ、応援をお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?1840281

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする