夢への軌跡_大病院が故の待ち時間、でも・・・

20170218_大病院が故の待ち時間、でも・・・

励みになります。

応援していただけますようお願いいたします。

社長ブログ ブログランキングへ

【大病院が故の待ち時間、でも・・・】

おはようございます。

やっときました、週末土曜日です。

昨日は、私の両親とともに

県内大手の病院に人工透析シャント手術の打合せで

診察を受けました。

因みに私ではなく、父親の診察にお付き合いです。

アラ80の私の両親には、

少し大きすぎる病院でした。(笑)

迷子になるほどですね。

私は合間合間で本を読んでいたので

それほど、時間のムダを感じることはありませんでした。

ということで、今日のお題は

【大病院が故の待ち時間、でも・・・】

病院到着は9時30分。

10時の予約診療を受けるために

紹介状やら、診察券やらの準備をしっかりと行いました。

診察は10時30分にずれて

改めて血液検査、心電図、レントゲンと言う一連の

検査項目を行い、外来に戻ってきたのは11時30分。

血液検査には1時間以上を要するので

まぁ、仕方ないとは思っていたものの

入院と手術日の打合せが終了したのは13時過ぎ。

更に、会計で20分以上待って、

『おかしい』と感じた私は

会計受付に問い合わせし、

ミスが発覚して、終了は13時45分でした。

いやぁ、長い一日でした。

しかし、会計受付での出来事が印象に残りました。

地方の大病院は、老人が多く

患者のミスも事務方がお詫びするようです。

実は私の父親が外来に提出しなければならない書類を

持って帰ってきちゃったのですね。

「私たちの連絡が行き届かなかったのが

 まずかったですね。申し訳ございません。」

とあっさり言われると、憤りも収まりますね。

『ブラボーな対応!!』

と言いたくなりました。

更に、病院スタッフの声が大きいこと。

これも高齢の患者が多いので

しっかりと伝えるために、大きく出しているのですね。

東京であれば、番号の呼び出しだけですが、

「〇〇番、 福山さん フクヤマショウさん」

という感じで呼び出していました。

まぁ、田舎ですね、一言で言うと。

一つ困っていたのは

患者が診療科の掛け持ちの場合、

例えば、総合内科と消化器内科で隣同士だと

どちらで呼ばれているのかがわからないことでした。

患者や付き添いの方の目が

きょろきょろウロウロしていました。(笑)

他責より自責の文化を定着させたいですね。

常に100%で。

今日も一日、頑張っていきましょう。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

――――――――――――――― 

決断するということは、引き返さずに前進あるのみです。

毎日が成長であり、

昨日の自分より今日の自分が成長しているはずなのです。

常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

#2017革命

――――――――――――――――

自由を求める人は読むべきです。

http://fukuyama-syo.com/q5y5

――――――――――――――――

勉強して損はしません。

知らないでは済まされない事実はこちらです。

http://fukuyama-syo.com/3bie

――――――――――――――――

リフレーミング、そして、俯瞰的に

物事を見るためには必須ですね。

http://fukuyama-syo.com/ljmz

――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。

*****************************************

Facebookもやっています。

お気軽に友達リクエストをお待ちしております。

https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。

http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。

よろしければ、応援をお願いいたします。

http://blog.with2.net/link.php?1840281

*****************************************

福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする