夢への軌跡_英語教育

20160724_eigo

20160724_英語教育



【英語教育】


おはようございます。

今日はゆっくりとした日曜日でした。

起床も7時と普段と比較するとゆっくり。

暑くなく、寒くなくと過ごしやすい千葉県の朝です。


さて、今日のお題は、【英語教育】です。


日本では、中学生になると英語を必須科目として

生徒へ教えられていきますね。

今では、小学4年生から始めている学校もあるようです。

海外では、どうなっているのか

確認してみました。


ポーランドの友人が多かったので

聞いてみると、小学生になったときには

全ての科目が英語で行われているとのことでした。


ですから、当然、小学校卒業時には

バイリンガルになっているわけです。


また、陸続きのヨーロッパなので

外国の人との交流も多く、

英語が主流とのことでした。

その方は、大学から英国へ

そして、卒業後、日本へ来られた英語の教員となります。


米国、英国出身の方々は英語が主流であるので

バイリンガルになるためには、それなりの努力が必要です。

日本も同じですね。

一方、地球上でもっとも多くの人に話されている言語は

中国語となります。

方言はいろいろありますが、根本的な言語としては

人口が多いので、中国語ですね。

中国の方も、英語を必須として海外進出を狙っています。


では、日本ではいかがでしょうか?

英語を話す人は多くなったと思いますが、

なかなか、人前で話す人は多くないですよね。

電車の中で、英語を話していると

結構、見られますよね。

日本人は中学から高校まで最も

勉強する期間が少なかったとしても

6年間、あります。

ということは、かなり、話せる語彙力はあります。

あとは、話す勇気のみであるかもしれませんね。

先日、FBでロシアの方とチャットをしていた時、

平気で、I’m live in Russia.と返ってきました。

文法上は間違いですが、通じますよね。


もっと、積極的に、外国人とすれ違ったら、

英語で話してみることをお勧めします。

少しの勇気が、すごい自信になると思います。


少しでも多くの情報を手に入れ、

時期を見計らって、

自己責任で変化することが必要です。

⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw


常に前に。

ついてる!ついてる!ついてる!感謝です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


――――――――――――――――

やっぱり思い込みっていけませんね。

自分自身の可能性を自分で閉ざしちゃう。

あなたの可能性試してみませんか?

⇒ http://fukuyama-syo.com/j1cw

――――――――――――――――

今日も一日、頑張っていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。


いつも、「いいね」と「コメント」をありがとうございます。


*****************************************

Facebookもやっています。

お気軽に友達リクエストをお待ちしております。

https://www.facebook.com/fukuyamashow

ホームページ準備中です。

http://fukuyama-syo.com/

ブログランキングを始めました。

よろしければ、応援をお願いいたします。

http://fukuyama-syo.com/5mrd


*****************************************





福山 紫生(Syo Fukuyama)

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする